ブラジル・リオデジャネイロで行われているリオオリンピック2016の日本代表、体操・加藤凌平選手の種目別決勝の出場種目の日程と結果を紹介します。

種目別決勝は体操競技の日程の最後の3日間に行われます。

加藤凌平選手は1種目の種目別決勝に出場します。

リオオリンピック2016 体操・加藤凌平平の種目別決勝 平行棒

体操競技・種目別決勝の最終日、最初の種目が平行棒です。

予選では15.500点、決勝では15.900点と高い得点を出す演技をしておりメダルに期待がかかります。

ウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手は予選で16点台ロシアのダヴィド・ベルヤフスキー選手、中国の林超攀選手も15.900点以上の点数をリオ五輪の中で出しており熾烈なメダル争いになりそうです。

体操 加藤凌平の種目別決勝 平行棒の日程
日程:2016年8月17日
時間:深夜2時から

予選よりも難易度をあげて半回転しての降りに挑戦しました。

体操・加藤凌平の種目別決勝 平行棒の結果
順位:7位
得点:15.233
Dスコア:6.800
Eスコア:8.433

難易度を0.2あげて次につながる個人の演技でオリンピック最後の種目を終わりました。

↓リオオリンピック2016 体操・男子 平行棒の種目別決勝の結果はこちら↓
リオオリンピック2016 体操・男子 平行棒の種目別決勝の出場選手と結果