次の夏のオリンピックは東京オリンピック2020!

オリンピックの話題の一つは開会式の演出ですが東京2020では誰が演出を担当するのでしょうか。

東京オリンピックの開会式の演出家を勝手に予想してみました。

東京オリンピック2020 開会式の演出家の予想 演出は誰?

オリンピックの開幕を宣言する開会式の演出、前回の東京オリンピック1964では総合演出はいなかったそうですが近年のオリンピックでは演出家の名前を開会式の中継で耳にしますね。

東京オリンピック2020では日本人の演出家が選ばれるであろうということで予想してみました。

東京オリンピック2020 開会式の演出家の予想1 リオ閉会式の4人

好評だったリオから東京へのオリンピック旗の引継ぎ式、フラッグハンドオーバーセレモニー。

この演出を担当した4人が東京オリンピックの開会式の演出にも関わる可能性が高いです。

佐々木 宏(クリエイティブディレクター)
椎名林檎(音楽家/演出家)
菅野 薫(クリエイティブテクノロジスト)
MIKIKO (演出振付家)

佐々木宏さんと菅野薫さんは電通の方で佐々木さんはトヨタ自動車の実写版ドラえもんCMやソフトバンクの白戸家CMが有名です。

菅野さんは東京オリンピック招致のプレゼンテーションに関わっています。

MIKIKOさんはperfumeの振り付けとライブ・ミュージックビデオの演出も担当されている演出振付師。

椎名林檎さんは女性シンガーソングライターです。

東京オリンピック2020 開会式の演出家の予想2 宮本亜門さん

私の予想の一番の候補は宮本亜門さんです。

ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎など幅広いジャンルで演出をして世界で活躍されている演出家の宮本亜門さん。

顔も広く伝統芸能の演出も経験されているのでオリンピックの総合演出にはぴったりではないでしょうか。

私の予想の筆頭に上がった理由は「リオデジャネイロオリンピックの開会式を見に行っていたから」です。

長野オリンピックでは劇団四季の浅利慶太さんが総合演出を務めているため舞台系の演出家が選ばれる可能性は十分にあります。

東京オリンピック2020 開会式の演出家の予想3 蜷川実花さん

予想の二人目は蜷川実花さん。

蜷川幸雄さんのお嬢さんの実花さんは写真家として有名でオリンピックの組織委員会の理事に名を連ねています。

写真家ですが映画監督もされておりミュージックビデオの撮影などはいつも話題になっています。

蜷川幸雄さんを演出家として推す声もあったことからその声が娘さんに向く可能性もあると思います。

東京オリンピック2020 開会式の演出家の予想 その他の人

秋元康さんもオリンピック委員会の理事のため開会式の演出家の候補に名前が挙がっていることが多いですが反対意見が強そうなので私は可能性は低いと思っています。

オリンピックの演出はその国の歴史が描かれることが多いので近代の一部を担当することはあるかもしれませんね。

舞台演出の方では野田秀樹さんも可能性がありそうです。

ジブリの宮崎駿監督や映画監督としても有名な北野武さん(ビートたけしさん)も名前がよくあがっていますがそれもまた見てみたいですね。