ブラジルで開幕したリオデジャネイロオリンピック2016、リオオリンピックの体操・平行棒の種目別決勝の出場選手です。

2016年8月6日・7日にかけて行われた予選の結果、平行棒の決勝には8名の選手の出場が決まりました。

日本代表選手も決勝に進出、メダルに期待がかかります。

リオオリンピック2016 体操・平行棒の種目別決勝の日本代表の出場選手

加藤凌平

加藤凌平選手が個人総合に加えて種目別決勝にも平行棒で出場することになりました。

種目別決勝の出場選手
男子
 跳馬 平行棒 あん馬 鉄棒 吊り輪
女子
ゆか 平均台 段違い平行棒 跳馬

内村航平 加藤凌平 白井健三

リオオリンピック2016 体操・男子 平行棒の種目別決勝の結果

リオデジャネイロオリンピック2016 Rio2016
体操 男子 種目別決勝 平行棒 結果・リザルト・記録
日程:2016年8月17日
時間:2時から

いよいよ男子・日本代表の選手が出場する最終種目、加藤凌平選手がエントリーできた平行棒の決勝です。

加藤選手は予選・団体の決勝よりも難易度を上げた構成で挑みます。

ウクライナのベルニャエフ選手は倒立で反ってしまったり技を一つ入れられなかったりとミスがあったものの着地をピタッと決め16点台、メダル確定です。

金メダル オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)
銀メダル ダネル・レイバ(アメリカ)
銅メダル ダヴィド・ベルヤフスキー(ロシア)

体操・男子 平行棒の種目別決勝の結果
1位 16.041点 オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)
2位 15.900点 ダネル・レイバ(アメリカ)
3位 15.783点 ダヴィド・ベルヤフスキー(ロシア)
4位 15.766点 デン・シュウディ(中国)
5位 15.625点 マンリケ・ラルデュエト(キューバ)
6位 15.600点 アンドレイ・ムンテアン(ルーマニア)
7位 15.233点 加藤凌平(日本)
8位 14.833点 ヨウ・ハオ(中国)

個人総合の銀メダリスト、オレグ・ベルニャエフ選手もメダル候補・優勝候補の一人です。

リオオリンピック2016 体操・平行棒の予選の結果と種目別決勝の出場選手

リオデジャネイロオリンピック2016 Rio2016
体操 男子 種目別決勝 平行棒

順位 選手 得点
1 VERNIAIEV Oleg ウクライナ 16.166
2 BELYAVSKIY David ロシア 15.933
3 DENG Shudi 中国 15.800
4 LARDUET Manrique キューバ 15.766
5 YOU Hao 中国 15.733
6 LIN Chaopan 中国 15.700
7 LEYVA Danell アメリカ 15.600
8 加藤凌平 日本 15.500
9 MUNTEAN Andrei Vasile ルーマニア 15.466

種目別決勝には同じ国から2名までしか出場できないため8位以内に入った3人目の中国の選手は出場できず9位の選手が繰り上げになります。