ブラジルで開幕したリオオリンピック2016、リオ五輪の体操の男子・個人総合の予選の結果と決勝の出場選手です。

日本代表では内村航平選手と加藤凌平選手が予選の全種目に出場し決勝進出を決めています。

金メダル・連覇がかかる内村航平選手は鉄棒での落下があったものの2位、加藤凌平選手は安定の演技で6位に入りました。

リオオリンピック2016 体操・男子 個人総合の予選の結果と決勝の出場選手

リオデジャネイロオリンピック2016 Rio2016
体操・体操競技 男子 個人総合 予選の結果

体操男子個人総合決勝の結果はこちら
>>体操・男子 個人総合の決勝の結果と得点

順位 選手 得点
1 VERNIAIEV Oleg ウクライナ 91.964
2 内村航平 日本 90.498
3 BELYAVSKIY David ロシア 89.799
4 DENG Shudi 中国 89.665
5 WILSON Nile イギリス 89.240
6 加藤凌平 日本 89.232
7 MIKULAK Samuel アメリカ 89.041
8 SASAKI Sergio ブラジル 88.898
9 KUKSENKOV Nikolai ロシア 88.848
10 LIN Chaopan 中国 88.631
11 MARIANO Arthur ブラジル 88.465
12 WHITLOCK Max イギリス 88.232
13 CALVO MORENO Jossimar Orlando コロンビア 87.506
14 DEURLOO Bart オランダ 86.990
15 LARDUET Manrique キューバ 86.814
16 LIKHOVITSKIY Andrey ベラルーシ 86.765
19 BROOKS Christopher アメリカ 86.331
20 STEPKO Oleg アゼルバイジャン 86.208
21 BRAEGGER Pablo スイス 86.199
22 NGUYEN Marcel ドイツ 86.098
23 AUGIS Axel フランス 86.032
24 BRETSCHNEIDER Andreas ドイツ 85.698
25 YUSOF Eddy スイス 85.365
26 GEORGIOU Marios キプロス 85.289

ドイツのNGUYEN Marcel選手(マゼル・ニューエン/マルセル・ニューエン)はロンドンオリンピックでTOKIOの松岡昌宏さんに似ていると話題になった選手。

今大会でも注目が集まりそうです。