ブラジル・リオデジャネイロで開催されるリオオリンピック2016の日本人出場選手を紹介します。

第100回日本陸上選手権2016などを経て日本代表選手が決定しました。

最終選考会は終わりましたが追加条件などもあるため今後も追加選手が出る可能性があります。

男子・女子に分けてトラック・フィールド・混成・マラソン・競歩の日本選手団の選手を紹介します。

リレーの日本代表選手は別途まとめて紹介したいと思います。

※()内は所属です。
所属の横に過去に出場したオリンピックの開催年(2012=ロンドン、2008=北京)と初出場を記載しています。

リオオリンピック2016 陸上競技の日本代表の選手 男子

短距離

100m 桐生祥秀(東洋大学) 初出場
100m ケンブリッジ飛鳥(ドーム) 初出場
100m 山縣亮太(SEIKO) 2012
200m 飯塚翔太(ミズノ) 2012
200m 髙瀬慧(富士通) 2012
200m 藤光謙司(ゼンリン) 初出場
400m ウォルシュジュリアン(東洋大学) 初出場
400m 金丸祐三(大塚製薬) 2008/2012
800m 川元奨(スズキ浜松AC)

長距離

5000m&10000m 大迫傑(Nike ORPJT) 初出場
5000m&10000m 村山紘太(旭化成) 初出場
10000m 設楽悠太(Honda) 初出場

障害

110mH 矢澤航(デサント) 初出場
400mH 野澤啓佑(ミズノ) 初出場
400mH 松下祐樹(ミズノ) 初出場
3000m障害 塩尻和也(順天堂大学)

跳躍

三段跳 長谷川大悟(日立ICT) 初出場
走高跳 衛藤昂(AGF) 初出場
棒高跳 山本聖途(トヨタ自動車) 2012
棒高跳 荻田大樹(ミズノ) 初出場

投てき

やり投 新井涼平(スズキ浜松AC) 初出場

混成

十種競技 中村明彦(スズキ浜松AC) 2012
十種競技 右代啓祐(スズキ浜松AC) 2012

マラソン

男子マラソン 佐々木悟(旭化成) 初出場
男子マラソン 北島寿典(安川電機) 初出場
男子マラソン 石川末廣(Honda) 初出場

競歩

男子20km競歩 高橋英輝(富士通) 初出場
男子20km競歩 松永大介(東洋大学) 初出場
男子20km競歩 藤沢勇(ALSOK) 2012

男子50km競歩 谷井孝行(自衛隊体育学校) 2004/2008/2012
男子50km競歩 森岡紘一朗(富士通) 2008/2012
男子50km競歩 荒井広宙(自衛隊体育学校) 初出場

リオオリンピック2016 陸上競技の日本代表の選手 女子

短距離

100m&200m 福島千里(北海道ハイテクAC) 2008/2012

長距離

5000m 尾西美咲(積水化学) 初出場
5000m&10000m 鈴木亜由子(日本郵政グループ) 初出場
5000m 上原美幸(第一生命) 初出場
10000m 関根花観(日本郵政グループ) 初出場
10000m 高島由香(資生堂) 初出場

3000mSC 高見澤安珠(松山大学) 初出場

障害

400mH 久保倉里美(新潟アルビレックスRC) 2008/2012

跳躍

走幅跳 甲斐好美(VOLVER) 初出場

投てき

やり投 海老原有希(スズキ浜松AC) 2012

混成

なし

マラソン

女子マラソン 伊藤舞(大塚製薬) 初出場
女子マラソン 福士加代子(ワコール) 2004/2008/2012
女子マラソン 田中智美(第一生命) 初出場

競歩

20km競歩 岡田久美子(ビックカメラ) 初出場