来年に迫った韓国・平昌オリンピック2018の会場で行われた四大陸フィギュアスケート選手権2017の女子シングルの結果です。

三原舞依選手、樋口新葉選手、本郷理華選手の日本代表選手に加えてカナダのケイトリン・オズモンド選手やガブリエル・デールマン選手らがエントリー。

試合は2017年2月16日にショートが、2月18日にフリーが行われています。

四大陸選手権2017 女子のフィギュアスケートの結果

四大陸フィギュアスケート選手権2017
女子シングルの結果・リザルト

順位 選手 得点 SP FS
1 三原舞依 日本 200.85 4 1
2 ガブリエル・デールマン カナダ 196.91 1 3
3 長洲未来 アメリカ 194.95 5 2
4 ケイトリン・オズモンド カナダ 184.17 2 6
5 チェ・ダビン 韓国 182.41 6 4
6 マライア・ベル アメリカ 177.10 7 7
7 李子君(ジジュン・リー) 中国 177.05 8 5
8 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 176.65 3 11
9 樋口新葉 日本 172.05 10 9
10 本郷理華 日本 167.42 9 13
11 アレーヌ・シャルトラン カナダ 167.12 14 8
12 カレン・チェン アメリカ 166.82 12 10
13 李香凝(り こうぎょう) 中国 164.85 11 12
14 ブルックリー・ハン オーストラリア 152.05 16 14
15 趙子セン(チョウ・シセン) 中国 147.37 15 15
16 カイラニ・クレイン オーストラリア 136.91 13 17
17 エイミー・リン 台湾 125.02 18 19
18 メイシー・ヒューチン・マ 香港 124.65 19 18
19 ソン・シュヒョン 韓国 122.35 22 16
20 クロエ・イング シンガポール 120.18 21 20
21 シューラン・ユー シンガポール 118.40 20 21

優勝は日本の三原舞依選手。ショート4位から逆転での優勝です。

カナダのガブリエル・デールマン選手が2位、3位にはアメリカの長洲未来選手が入りました。

樋口新葉選手と本郷理華選手はショート・フリーともにジャンプのミスが目立ち9位・10位に終わっています。