第100回日本陸上選手権2016の男子3000m障害物の決勝の結果です。

陸上の日本選手権、男子3000mSCは2016年6月26日の日曜日、日本陸上の最終日に行われました。

優勝したのは潰滝大記選手(富士通)です。

リオデジャネイロオリンピック男子3000mSC日本代表選考条件
派遣設定記録:8’14″86
参加標準記録:8’30″00
追加条件記録:8’31″82

陸上日本選手権2016 男子3000mSCの結果・順位と記録

第100回 日本陸上競技選手権大会
兼 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)代表選手選考競技会
男子3000mSC 決勝

日程:2016/6/26(日曜日)

優勝は大学駅伝でも活躍した潰滝大記選手です。

2位の塩尻和也選手は日本陸上のあとの記録会で8分31秒89というタイムを出し他国の選手の出場辞退に伴い追加召集で日本代表に選ばれました。

順位 氏名 所属 記録
1 潰滝大記 富士通 08:36.39
2 塩尻和也 順天堂大 08:36.45
3 山口浩勢 愛三工業 08:41.90
4 松本葵 大塚製薬 08:41.95
5 荻野太成 神奈川大 08:44.39
6 山下洸 NTN 08:51.16
7 梅枝裕吉 NTN 08:51.36
8 小室翼 東洋大 08:52.39
9 大野雄揮 長野市陸協 08:56.17
10 木村哲也 住友電工 08:56.33
11 神直之 北星病院 09:00.12
12 津田修也 山口市陸協 09:06.14
13 菊池昌寿 富士通 09:09.69
14 石橋安孝 東海大 09:10.43
15 篠藤淳 山陽特殊製鋼 09:10.47