ブラジル・リオデジャネイロで行われるリオオリンピック2016の陸上の男子男子やり投げの決勝の出場選手と結果をお届けします。

男子の男子やり投げには日本代表の新井涼平選手がエントリー、決勝に進出しています。

決勝の日程は日本時間の8月21日です。

リオオリンピック2016 陸上・男子男子やり投げの日程と結果

リオデジャネイロオリンピック2016 Rio2016
会場:オリンピックスタジアム
陸上競技 男子男子やり投げ
※日程・日付・時間は日本時間(時差12時間)

男子男子やり投げ 決勝の日程 2016年8月21日
日程:2016/8/21
開始時間:8時55分~

男子の男子やり投げは8月21日の朝、8時55分ごろから行われます。

現地では夜です。

男子砲丸投げ 決勝の結果 2016年8月21日

金メダル トマス・レーラー(ドイツ)
銀メダル ジュリアス・イェゴ(ケニア)
銅メダル ケショーン・ウォルコット(トリニダード・トバゴ)

90m超の投てきをみせたトマス・レーラーが金メダル獲得です。

新井選手は3投を終えて11位と入賞の8位に届きませんでした。

1位 90.30m トマス・レーラー(ドイツ)
2位 88.24m ジュリアス・イェゴ(ケニア)
3位 85.38m ケショーン・ウォルコット(トリニダード・トバゴ)
4位 85.32m ヨハネス・フェッター(ドイツ)
5位 83.95m ドミトロ・コスィーンシキー(ウクライナ)
6位 83.05m RUUSKANEN Antti(フィンランド)
7位 82.51m VESELY Vitezslav(チェコ)
8位 82.42m VADLEJCH Jakub(チェコ)
9位 81.36m WEBER Julian(ドイツ)
10位 79.81m TOLEDO Braian(アルゼンチン)
11位 79.47m 新井涼平(日本)
12位 79.12m FRYDRYCH Petr(チェコ)

リオオリンピック2016 陸上・男子男子やり投げの日本代表の出場選手

新井涼平(スズキ浜松AC)

予選の1回目の投てきで予選通過ラインの83.00mを超える84.16mの記録を出して決勝進出を決めました。

予選通過選手の中で4番目の記録です。