ブラジル・リオデジャネイロ、リオオリンピック2016の陸上・短距離の男子100m準決勝でウサイン・ボルト選手と山縣亮太選手が同組になりました。

準決勝は3レースで行われ各レースの上位2人と残りの選手の中で記録が速い2人が決勝レースに進出します。

日本代表で準決勝に進出したのは山縣亮太選手とケンブリッジ飛鳥選手の2人です。

2レース目、2組の出場選手に決まった山縣亮太選手の同組にいるのが予選4位、ウサイン・ボルト選手です。

山縣選手の予選タイムは10.20と準決勝進出のラインぎりぎりのためタイムをあげて決勝進出を目指してほしいレースになります。

3レース目にはケンブリッジ飛鳥選手が登場。

同組には今季最速・絶好調のジャスティン・ガトリン選手と復活のヨハン・ブレーク選手がいます。

決勝レースの出場枠は「8」

ケンブリッジ飛鳥選手は予選8位のタイムを出していますが決勝進出ラインはもう少し上がりそうです。

↓リオ五輪男子100m準決勝の結果はこちらに掲載します↓
リオオリンピック2016 陸上・男子100mの日程と結果・出場選手